控除額

生命保険料を個人年金保険契約とその他の生命保険契約に区分し、それぞれの保険料を次表の速算表に当てはめて計算した控除額の合計額が生命保険料控除となり確定申告の時に所得から引くことができます。

 

平成24年以後より、介護(費用)保証または医療(費用)保障を内容とする主契約または特約に係る保険料についてこれまでの一般生命保険料控除と別枠で4万円の保険料控除(介護医療用)ができました。

 

これに伴って、一般用、個人年金用の生命保険料控除の上限が、今まではそれぞれ5万円でしたが、4万円に引き下げられました。

 

また、上記の適用は、平成24年1月1日以後の契約について適用され、最大控除額は12万円となりました。

 

そして住民税も同様に変更されました。(各控除額35,000円→28,000円、最大控除額7万円)

 

●平成24年以後の生命保険料控除額速算表

年間の支払保険料等(A) 控除額
20,000円以下 支払保険料等の金額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

 

生命保険料控除の対象となる生命保険契約等とは

生命保険料控除の対象となる生命保険契約等とは、生命保険会社等と締結する生命保険契約等のうち生存または死亡に基因して保険金が支払われる所定の契約でその契約に関わる保険金受取人すべてをその者またはその配偶者その他の親族とするものに限るとされています。

 

他人を受取人にするような契約はめったに耳にしませんが、他人を受取人とした契約は生命保険料控除の対象外ということですね。