保険相談ならお金の専門家FPに!

保険相談

保険相談なら中立な立場でアドバイスしてもらえるお金の専門家FPに頼みましょう。

 

保険商品は2015年の1年間だけでも25種類もの新商品が世に出ており、過去に発売され、契約が続いているものまで含めれば計り知れないほどの数があります。

 

日本で生命保険協会に加入している保険会社は41社です。

 

これだけの会社がしのぎを削って毎年新しい商品を発売しています。

 

まったく、保険の知識がない人からすれば、こんなに数ある保険商品の中からどれを選べばいいの?保険相談をするにも、まず何から質問すればいいの?となってもおかしくありません。

 

だからといって、保険会社の営業マンの言いなりになってはいけません。もちろん、保険会社の営業マンも良心的にあなたのことを思って勧めてきてくれる場合もあります。でも、そうでないケースも多々あります。

 

だから、無意味な見直しが往々にして今日もどこかで行われているのです。

 

だからといって、自分で判断するのは難しい。

 

そんな方は保険会社に属していない、第三者の立場としてアドバイスをしてくれるFPに相談しましょう。彼らは、保険会社に属していないため、会社から課せられたノルマというものが存在しません。

 

そのため、相談者に対し親身になってぴったりな保険を探し出してきてくれるのです。もちろん、強引な勧誘や、無理矢理契約させられることもありませんので安心して相談することができます。

 

当サイトでは、FPが無料で保険相談に乗ってくれるおすすめの会社を口コミで人気順にご紹介しています。

 
保険のビュッフェの特徴

保険のビュッフェは独自の審査基準を設け選抜されたFP(ファイナンシャル・プランナー)の中でも何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけが、最適なプランをお客様に提案します。

FPの質が高い!(平均経験年数7.4年、平均相談実績数1,126件、FPへのクレームゼロ)

保険のビュッフェは全国対応(離島をのぞく、47都道府県をほぼカバー)!
毎月4000世帯が利用しています。診断・提案・契約・アフターフォローまですべて無料!!

相談成立で商品券5,000円が貰えるのもうれしいポイントです!

保険のビュッフェが相談無料の理由:提携保険会社やFPからのマーケティングコンサルティング料で運営しているから。それをサービスの無料化や商品券プレゼントなどの還元に回せる仕組みとなっています。

価格
評価 評価5
備考
 

保険の必要性=必要保証額を確保するもの

保険相談

保険相談を考える場合、保険の必要性は必要保障額を確保するものだということをしっかり頭に入れておきましょう。

 

保険は残された家族の生活費や教育費、住宅関連費などを合わせた「支出」から、遺族年金や貯蓄、配偶者の給料といった「収入」を差し引き、それでもなお足りない金額を補う範囲で加入するのが適当です。

 

ですが、日本人は保険をお守りといった感覚で入る方が多く、実際自分がどのような種類の保険に入り、どのような契約内容なのか理解しないまま払ってしまっている人がほとんどです。

 

念願のマイハウスを買うためなら、納得するまでいろいろな物件を探しまわるのに対し、保険となると保険会社の営業マンに言われるがままに入ってしまう人が少なくありません。

 

考えてみれば、保険は都度払う金額はさほど多くなくても、生涯払い続けたと仮定したトータルの金額を考えれば住宅の次に大きな買い物ともいえます。

 

しっかり納得・把握したうえで保険に加入するべきです。

保険はライフイベントごとに見直す必要がある

保険相談

保険相談はライフイベントごとに!

 

人の一生には数々のライフイベントがあります。結婚、出産、子どもの就学、定年、老後など。その時々で必要な保障額というのは変わってきます。

 

子どもが成人するまでの間、万が一配偶者にもしもの事が合った場合は、残された家族が不自由することなく生活を送れ・子どもの学費も賄えるだけの資金の確保が必要ですが、子どもが成人すればそこまでの保障額は必要ありません。

 

保険を放ったらかしにしておくと、無駄が発生してくることがしばしばあります。

 

自分が加入している保険内容をしっかりと確認し、必要に応じて見直すことは必要です。

 

これはお宝として置いておこう!

 

生命保険の契約者に対して約束する運用利回りを予定利率と呼びますが、その予定利率が高かった時代の貯蓄性の高い保険は解約せずに大事に持っておきましょう。必要のない特約部分だけは見直しするなどすればOKです!

 

また、現在は過去の歴史から見ても超低金利時代です。これから貯蓄性の保険商品に入るというのは、ほとんど金利がつかない国債を購入するのと何ら変わりないと考えることができます。

 

貯蓄性の保険を購入するのであれば金利が高い時に検討するのが賢明でしょう。

保険相談で多い主要保険

保険を考え出すのは家族が増えだしてからでも遅くはありません。むしろ、独身の時に、民間保険が必要な人は少ないといえます。一家の主が不測の事態になったときに備えて、医療保険・がん保険のみならず、就業不能・所得補償保険や死亡保険を考える必要はあるでしょう。

 

保険相談で多い主要保険

医療保険

保険相談
医療保険は毎年のように新商品やりニューアルが相次いでおり、まさに生命保険商品最大の激戦区ともいえる商品です。医療保険に入る際に、頭に入れておきたいのは、多額の医療費が掛かった時に一定額を超えた分が後から返ってくる「高額療養費制度」があるということ。高額になった場合、自己負担はその3割もしくは2割のため、過剰な保証は無駄になることがあります。

 

引受基準緩和型医療保険

持病があったり、健康に自信がない人でもは加入できるのが、近年商品開発が進む引受基準緩和型医療保険です。こちらは加入条件の間口を広げている商品のため、高齢化が進む中、注目が高まっていますが、どうしても費用が割高になるため本当に必要かどうか、吟味するべきです。

 

がん保険

がん保障に特化した医療保険。がんは日本人の死因トップです。と同時に近年は医学も進歩しており、がん保険のトレンドも変化しつつあります。
★コストパフォーマンスが良いミニがん保険もおすすめです。月額500円で保険金が100万円。意外と使えます!

 

介護保険

保険相談
2015年に公的介護制度が改正され、特別養護老人ホームへの新規入居基準が要介護3以上に制限され、一定の所得以上の人には自己負担額が2割に引き上げられました。公的介護制度が厳格化、今後さらなる高齢化を考えれば民間介護保険の備えは重要になります。★認知症保険が続々登場してきており注目著しい。

 

死亡保険

保険相談
一家の主が、不測の事態に見舞われた際に、残された遺族にまとまったお金が残せる死亡保障。

 

就業不能・所得補償保険

シンプルに就業不能に備える商品。医療保険の空白を埋める保険。

 

学資保険

子どもの教育資金を確保することを目的とした保険。選択のポイントは返戻率の高さ。昨今の金利政策で高返戻率な商品は打ち止めになる可能性もある。


http://longislandjeweler.info/ http://www.packetyzer.org/ http://www.saiko-campingvillage.net/ http://earthfirstplafilm.net/ http://hervelegerdress-d.com/ http://nomichi.info/ http://southjerseywreckingcrew.com/ http://wto-incubator.com/ http://prayerstogod.org/ http://shorevelocity.net/ http://www.lecgpi.com/ http://fatdaddysaloon.com/ http://www.idahoimageworks.com/ http://operationsickelcell.org/ http://hot-bet.info/ http://www.lusako.net/ http://www.hypnotherapy-ray.com/ http://borduasgreatdanes.com/Zge-OwY-OasU-h3ca6-7 http://jasonline.net/ http://www.sduc.org/